ストレングス strengths

用語の定義
ストレングスとは、【方向性】が明確で、その方向に進むための【エネルギー】が充実した状態である。また、周囲との積極的な【結びつき】を有し、【強み】を活かして、【拡張】していく強さのことである。

用語の解説
 ストレングス(strengths)あるいは、ストレングスの視点(strengths perspective)という用語が登場してきたのは、1980年代後半のアメリカである。ストレングスの概念は、社会福祉領域で生まれたものであるが、個人のもつ能力や強みに焦点を当て、対象者の価値を尊重し、エンパワーメントを促進していこうとするもので、看護領域においても患者の力を引き出し、支えていくために活用できるものである。
 ストレングスの属性は、【方向性(Rapp, C. A., et al.:2011/2014, Fast, B., et al.:2000/2005, 山口:2009, 白澤:2009)】【エネルギー(Saleebey, D.:2009)】【結びつき(Lewis, K., et al.:2011, Lundman, B., et al.:2010, Saleebey, D.:2009,Rapp, C. A. et al.:2011/2014, Roux, G., et al. :2003, Koob, P.B., et al.:2002, Fast, B., et al.:2000/2005, 狭間:2001)】【強み(Fast, B., et al.:2009/2005, Saleebey, D.:2009, Rapp, C. A. et al.:2011/2014, 山口:2009, 森田:2006)】【拡張(Lundman, B., et al.:2010, 森田:2006, 狭間:2001)】の5つである。【方向性】とは、進むべき方向を持っている状態を表す。【エネルギー】とは、人を意味ある方向へと動かすパワーの源のことを表す。【結びつき】とは、周囲と関わり合い、つながりがある状態を表す。【強み】とは、個人の優れているところや得意であるものを表す。【拡張】とは、未来へ向けての成長や可能性を表す。ストレングスを引き出し、活用することにより、対象者にとって価値のある生き方が明確になり、その生き方に進むためのエネルギーが満たされた状態になる。また、周囲とのつながりを得て、調和や平穏の感覚を持ち、自らの強みを生かして、成長していくことが可能になる。
 ストレングスは、どのような人にでも、どのような状況にある人でも、まだ発見されていない無限の能力があるという考えのもとに、個人のもつ能力や強みに着目するものであるため、ストレングスを基盤とした実践は、苦難の状況にある人に対しても自らの力で、自分らしく生きることを支えることができる。

参考文献

1) Cowger, C.D. (1994): Assessing Client Strengths: Clinical Assessment for Client Empowerment, Social Work.39(3), 262-268
2) Fast, B., Chapin, R. (2000)/青木信雄, 浅野仁 (2005): 高齢者・ストレングスモデルケアマネジメント ケアマネジャーのための研修マニュアル, 筒井書房, 東京
3) 狭間香代子(2001): 社会福祉の援助観 ストレングス視点・社会構成主義・エンパワメント, 筒井書房, 東京
4) 岩本真紀, 藤田佐和(2013): ストレングスの概念分析-がんサバイバーヘの活用-, 高知女子大学看護学会誌. 38(2), 12-21
5) Koob, P.B., Roux, G., Bush, H.A. (2002): Inner Strength in Women Dwelling in the World of Multiple Sclerosis, International Journal for Human Caring, 6(2), 20-28
6) Lewis, K., Roux, G. (2011): Psychometric testing of the Inner Strength Questionnaire: Women living with chronic health conditions, Applied Nursing Research, 24(3), 153-160
7) Lundman, B., Alex, L., Jonsen, E., et al. (2010): Inner strengthー
A theoretical analysis of salutogenic concepts, International Journal of Nursing Studies, 47(2), 251-260
8) Miley, K. K., O’Melia, M.W., DuBois, B.L. (2013): Generalist Social Work Practice: An Empowering Approach (Seventh Edition), Pearson, Boston
9) 森田智裕(2006): ストレングス-利用者のもつ本当の強さとは何か,総合ケア, 16(8), 55-57
10) Rapp, C. A., Goscha, R. J. (2011)/田中秀樹 (2014): ストレングスモデル リカバリー志向の精神保健福祉サービス(第3版), 金剛出版, 東京
11) Roux, G., Lewis, K., Younger, J., Dingley. (2003): Development and testing of the inner strength questionnaire, Spring, 10(1), 4-5
12) Saleebey, D. (2009): The Strengths Perspective in Social Work Practice (Fifth Edition), Allyn & Bacon, Boston
13) 白澤政和(2009): ストレングスモデルのケアマネジメント いかに本人の意欲・能カ・抱負を高めていくか,ミネルヴァ書房, 京都
14) Walker, L. 0., Avant, K. C. (2005)/中木高夫, 川崎修一 (2008):看護における理論構築の方法, 医学書院, 東京
15) 山口真里(2009): ソーシャルワークにおけるストレングの特性-類似概念との比較をつうじて-, 広島国際大学医療福祉学科紀要, 5, 65-78