パーソン・センタード・ケア Person-Centered Care

用語の定義
パーソン・センタード・ケア(Person-Centered Care)とは、対象となる人の価値観や意向、ニーズを明確にして理解することに重点を置き、その人の人生が有意義であることを目指した行為である。

用語の解説
パーソン・センタード・ケア(Person-Centered Care)とは、「人」を対象とした概念である。ペイシェント・センタード・ケア (Patient-Centered Care)と同様に、その人の価値観や好み、ニーズを尊重することに重点が置いており、「人」を対象とした概念である。 ペイシェント・センタード・ケア(Patient-Centered Care)と同様に、その人の価値観や意向、ニーズを尊重することに重点が置いており、全人的、個別化、尊敬、権利を与えることを重要な属性としている。人中心の看護(Person-Centered Care)はその人が大切にしてきた価値観や好みを明確にして理解することが重要であり、その人の人生が有意義であるmeaningful lifeを目的としている。
パーソン・センタード・ケアはKitwoodにより初めて使用された言葉であり、認知症患者に対するケアの基本的な概念であり、アプローチである(Fazio, Pace, Flinner ,& Kallmyer, 2018)。英国ではPerson-Centered Careは医療と社会福祉サービスを利用する人々が, 欲求を確実に満たすためのケアの計画、開発、およびモニタリングにおいて同等のパートナーであると考える方法(Health innovation network south London, 2016)と考えられている。しかし、さまざまな国や状況、ケアが行われる環境において幅広く定義されているため、それぞれで意味が異なる可能性がある(Silva, 2014)。
パーソン・センタード・ケアの対象は〈人〉、〈個人〉であり、その〈人〉が意思決定の中心である(Zhao, 2016)。対象となる人の特性や、ニーズ、意向、および価値観を尊重し、それらに対する介入や治療(Dewi, Evans, Bradley, & Ullrich, 2013)と定義されている。慢性疾患や機能障害を抱える高齢者のパーソン・センタード・ケアに関するシステマティックレビュー(Kogan, Wilber &, Mosqueba, 2016)では、全人的、尊敬と尊重が大きな原則であり、急性期医療施設におけるPerson-Centered Careの概念分析の研究(Morgan & Yo-der, 2012)では、属性として全人的(Holistic)、個別化(Individualized)、尊重(Respectful), 権利を与えること(Empowering)が重要である。人の信念や価値観を扱うことは、その人が大切にしてきた価値観や好みを明確にし、理解すること(McCormack, 2004)であり、パーソン・センタード・ケアの目的はその人のmeaningful life(Jakob et al., 2019)である。
パーソン・センタード・ケアの類語としてペイシェント・センタード・ケアとピープル・センタード・ケアがある。パーソン・センタード・ケアは対象を〈人〉としているのに対して、ペイシェント・センタード・ケアは対象を〈患者〉と捉え、ピープル・センタード・ケアの対象は〈市民〉である。パーソン・センタード・ケアと同様に、他の2用語についても、対象の価値観や意向、ニーズを尊重することを重視している。しかし、ペイシェント・センタード・ケアの中心的な考え方は患者が経験している苦痛を軽減することや必要としているニーズが満たされること(Hobbs, 2009)である。ピープル・センタード・ケアは対象の市民が主体となり、保健医療従事者とパートナーを組み、個人や地域医療社会における健康問題の改善に向けた取り組み(高橋, 亀井, 大森, 有森, 麻原, 菱沼, 新福, 田代, 大橋, 朝澤, 2018)により重点を置いている。

参考文献
1) Debra de Silva. (2014). Helping measure person-centered care, https://www.health.org.uk/publications/helping-measure-person-centred-care 検索日2022年10月20日
2) Dewi, W. N., Evans David, Bradley H, Ullrich S. (2013). Person-centered care in the Indonesian health-care system, International Journal of Nursing Practice, (6), 616-622.
3) Fazio, S., Pace, D., Flinner, J., & Kallmyer, B. (2018). The fundamentals of person-centered care for individuals with dementia, The Gerontologist, 58(suppl_1), S10-S19.
4) Health Innovation Network South London. (2016). What is person-centered care and why is it important, https://healthinnovationnetwork.com/system/ckeditor_assets/attachments/41/what_is_person-centred_care_and_why_is_it_important.pdf. 検索日2022年10月20日
5) Hobbs, J. L. (2009). A dimensional analysis of patient-centered care, Nursing Research, 58(1), 52-62.
6) Jakob, H. E., Inger, K. H., Tomas, K., Elenor, K., Karin, S., Jessica, . . . Martina, S. M., (2019). “Same same or different?” A review of reviews of person-centered and patient-centered care, Patient Education and Counseling, 102(1), 3-11.
7) Kogan, A. C., Wilber, K., & Mosqueda, L. (2016). Person-centered care for older adults with chronic conditions and functional impairment: A systematic literature review, Journal of the American Geriatrics Society, 64(1), 1.
8) McCormack, B. (2004). Person-centredness in gerontological nursing: An overview of the literature. Journal of Clinical Nursing, 13(3a), 31-38.
9) Morgan, S., & Yoder, L. H. (2012). A concept analysis of person-centered care. Journal of Holistic Nursing: Official Journal of the American Holistic Nurses’ Association, 30(1), 6-15.
10) 大坪賢治. (2020). 遷延性意識障害患者におけるPatient-Centered Care, Person-Centered Careの実践内容の検討, 聖路加国際大学大学院看護学研究科課題研究論文(未公刊).
11) 高橋恵子, 亀井智子, 大森純子, 有森直子, 麻原きよみ, 菱沼典子, 新福洋子, 田代純子, 大橋久美子, 朝澤恭子. (2018). しみんと保健医療従事者とのパートナーシップに基づく「People-Centered Care」の概念の再構築, 聖路加国際大学紀要, 4巻, 9-17.
12) Zhao, J., Gao, S., Wang, J., Liu, X., & Hao, Y. (2016). Differentiation between two healthcare concepts: Person-centered and patient-centered care doi://doi.org/10.1016/j.ijnss.2016.08.009 “